Wonderland Seeker

TOP(最新情報)を最初に見てね

【初代ポケモン】Tig-Hugな能力変化技【グレーバッジ】

f:id:Alice_Wreath:20210110095253j:plain

『続いてトレーナーネーム”ワタルのハクリュー”からのお便りです。

まひにかかっているのに、こうそくいどうをすると先に動けて、すばやさが噛み合いません。どうなってるんですか?』

f:id:Alice_Wreath:20210110094129p:plain

んー、ステータスの計算ミスではないですかね?

だって

バッジ/モラウト/ステータス/アガル(9/8倍)

ポケモンはTig-Hugな実数値、Yes

ノウリョク/ヘンカ/スルタビ/ルイセキ(9/8倍)

それなんてTig-Hugな変化技、Yes

ナゼカ/トクシュモ/アガル/カタクナル(9/8倍)

変動はTig-Hugなディフェンダー、Yes

ワタシ/ト/キミ/ハ/チガウコウカ(バッジ累積)

対戦はTig-Hugな♪

 

《バッジ累積って?》

上でも歌ったように、グレー/オレンジ/ピンク/クリムゾンバッジで
それぞれ、こうげき/ぼうぎょ/すばやさ/とくしゅの実数値が本来の能力値に9/8倍された数値になります。ジムリーダーもそう説明していますよね。

この能力変化を"バッジ補正"と呼びます。

しかしこのバッジ補正を受けている状態で

自分の能力が変化するわざ(かたくなる/かげぶんしん/スピーダー/敵からのすなかけ等)の効果を受けると、なぜか対応した能力以外の3能力が9/8倍されるのです!

当然ながら、実数値に計算されていくので……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仮にこうげき(A)とくしゅ(C)がそれぞれ100のポケモンを出して

グレーバッジだけを持っている状態とします。

1.初期状態

A 100^9/8 = 112.5 = 112

C 100 

これが戦闘中の能力値になります。

2.スペシャルアップを使います ※Cのランク補正が+1されます。

A 112^9/8 = 126

C 100^1.5 = 150

なぜかパワーアップもします。

3.相手からいやなおとを受けます ※Bのランク補正が-2されます。

A 126^9/8 = 141.75 = 141

C 150

いやなのは相手の方でしたね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わーお。こうげきには一切関与していないのに1.4倍になってしまいました。

これがバッジ累積効果です。

しかし、この効果には意外な解除条件があります。

ひとつは、そのポケモンが戦闘から離脱した場合。

まぁ当然ですね、積み技対策のほえるは基本です。がおがお。

もうひとつは

累積効果によって変動したステータスが直接対応するわざ/どうぐで変動した場合です。

さらにそれで変動した場合、新たに累積効果は付与されません。

例えば先ほどの状況で、Aが126に上がった状態で

ヨガのポーズを使用すると?

126^1.5^9/8 = 178 ……にはなりません。

 

正しくは

100^1.5^9/8(累積ではなく、バッジ補正) = 168.75= 168

となります。

 

また、レベルアップでステータスが変動した場合も累積効果は解除されます。

その為、初代ポケモンにおいては

すばやさを上げつつこうげきも上げたい!という場合は

どちらを多く上げたいかを考え、こうげきをより多く上げたいなら

プラスパワー×2のみでOKです。

(この場合Aは100→225 Sは100→141)

スピーダーも使ってしまうと累積効果のリセットが入るのでSもより多く上げたいのであれば、スピーダーを必ず先に使ってからプラスパワー×2となります。

 

以上が、バッジ補正+バッジ累積効果の解説になります。

ねぇ、ちゃんと見ていて
あなたらしいポケモン
分身で溶け合って
Accumulationで飛び出して

ステータスを書き換えちゃおう!?

Tig-Tig-Tig
キミを捕まえて
Hug-Hug-Hug
だけどバグじゃない
なんで?(See Yo?)

これをバグと認めるとバグを使用せずに
クリアがそもそも成立しないから

 

では、最初の本題に戻りましょう。

『まひ状態でこうそくいどうを打つと素早さのマイナス補正が無視される』

結論から申し上げますと、

まひ状態であっても累積効果が発動します。

そのため、まひ状態で他の能力が変動すると

1/4^1/4=1/16になります。

つまり逆に言えば、すばやさ自体を変動させると

累積効果が消滅するという仕様に倣って

純粋にすばやさが上がるのでしょうか?

 

答え合わせの前に、本来ゲーム側がやりたかった処理を見ましょう。

A.ステータスランクは+6~-6の足し引きで計算する。

B.戦闘中の能力値は、実数値にランク補正で作る。

C.こうげきランクが変動した場合はやけどの補正、
すばやさランクが変動した場合はまひの補正のみかけ直す。

D.バッジ補正もかけ直す、当然補正対象と同じランクのみ。

こうなりますよね?

ですが実際は、

A.ステータスランクは+6~-6の足し引きで計算する。

B.戦闘中の能力値は、実数値にランク補正で作る。

C.ステータスランクが変動した場合、攻撃側→やけど・まひの補正を再計算しない。
ステータスランクが変動した場合、防御側→やけど・まひの補正を再計算する。

D.バッジ補正もかけ直す、ただし補正対象と一致している必要はなく、再計算する。

こうなってしまっています。

そのため副作用として、

・自分ターンに能力が変化した場合、相手の状態異常のみ再計算する。

・ステータスランクが変動しただけでバッジ補正が重複する。

という仕様になってしまったわけです。

 

よって答えは

まひ状態でこうそくいどうを打つと素早さのマイナス補正が無視される。
のではなく再計算が防御側のみに発生するため、
すばやさの戦闘中の能力値が更新されても
まひ補正が計算式に入らないから

です。

 

分かりましたか、どくタイプが出ると延々とこうそくいどうだけをヒュンヒュン続けるだけのワタルのハクリューさん。

 

今回はここまでになります。読了ありがとうございました。

EXIT

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではここでクイズです。

S100のポケモンが場に出ています。ピンクバッジを所持しています。

相手のポケモンはS120です。

この場合、S100が放った《ハサミギロチン》は当たるでしょうか?

※ピンクバッジはすばやさにバッジ補正をかけます。(キョウは嘘つき)
※初代の一撃必殺技は相手より素早い場合に命中判定が発生します。