Wonderland Seeker

TOP(最新情報)を最初に見てね

【初代ポケモン】バイナリエディタで Do-Dai 【任意コード実行】

f:id:Alice_Wreath:20210109202251p:plain

 

本日はみんなにありす*のとっておきの
バグわざを教えてあげちゃうよ~♪

This is a not normal play!
I say again!

This is a bug love story !
I say again!

f:id:Alice_Wreath:20210109194226j:plain

突然壊れちゃったぞ!どーしよ!(どーしろと?)
バグ島降りて歩いてたら 画面からイキナリ!

f:id:Alice_Wreath:20210109195133j:plain

突然なシチュエーションどーしよ!(ドシロウト!)
あれはみんなが憧れのバイエディじゅわ~ん!

f:id:Alice_Wreath:20210109195427p:plain

こんなコト アンビリバボーだよ~っ!
ラクル発生! 傾向と対策 友達に聞くべし!

『バイナリやりかた 述べよ!』

f:id:Alice_Wreath:20210109202827p:plain

返信 たったの 1件しかない
とにかくいいから なんでも出して~っ!
『なかよしバッヂを使え』ってゆーなっ!

シンキングタイム いつもの3倍
どうぐ 7種類 ニックネームその他
分析完了! さてさて……
余計こんがらがったよ~T_T

 (何がダメで何が必要かって

伝説のスターブロブ2様が一番知ってるんだよね)

でもこんなチャンス 逃がさないも~んっ!
私の知識 全部かき集めて 何とかするべし!
GB取り出し ポパピプぺ~♪

『コード打ってくれま・す・か?』

f:id:Alice_Wreath:20210109203007p:plain

今度のニックネーム! 普通じゃ打てない!
6文字目 文字送り 記号にその他

準備は完璧! 印刷~
個数が分からん……T_T

(変換表~!)

※ここをクリックするとリンク先に飛びます。

変換印刷!アタフタしまくり!
準備万端!だったはずなのに~
個数リセットするの 忘れた~

f:id:Alice_Wreath:20210109201335p:plain

手持ちもきちんと1番目にして
ボックス切り替え 間違えないように
お姉さんに(バイナリエディタ)見せたら『良かった』って~
回復してくれたよ~♪ ※上の画像

とにかく大成功!ぶいぶいっ!

バグわざ お・わ・りっ♪
いぇい♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイナリエディタの操作方法

↓↑    アドレスの位置+-1
→←    アドレスの位置+-10
B+↓↑   アドレスの位置+-100
B+→←  アドレスの位置+-1000
A+↓↑   アドレスの内容+-1
A+→←  アドレスの内容+-10
SELECT  指しているアドレスをcallしてDE64に復帰
START   プログラムの終了

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイナリエディタのプログラムについて
引用元:
ポケモンとか。様より
協力:アイス様より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

書きたいこと書き終わりましたの手順の解説に入りますね。

今回紹介するのは替え歌の歌詞にもありましたように

バイナリエディタの導入》になります。

バイナリエディタとはなんぞや?

0と1の2進数で表記されているファイルの中身です。

0が過去で1が未来

画像ファイル・音楽ファイル・テキストも含めてゲーム中で使われている要素は全てひっくるめてバイナリです。

そのバイナリを16進数で表記させて、さらに編集可能なソフトウェア(エディター)を

バイナリエディタと呼びます。

ポケモンで言えば内部番号とかコードとかのデータと認識すればいいかと。

つまりなにが言いたいかというと、バイナリエディタを呼び出すことにより

高度なプログラミングが出来ます。

それも実際にゲーム内のメモリを動かして。

 

バイナリエディタを使うことが出来れば任意コード実行ですら過去の産物となってしまう訳です。ゲームそのものをハックできるんですからね。

 

というわけで、レシピをご紹介。

準備するもの

・なかよしバッヂ

ポケモン印刷機 →これ

印刷機用の捨てれるどうぐ7種類

ポケモン27匹

・空のボックス1つ

・ニックネーム対応表 →上に出てきた変換表。

・根気と時間

 

1.ポケモン27匹に変換表にある変換前のニックネームを付けます。

2.ボックスを印刷機に切り替えて、変換表に書いてある通りどうぐの個数を調整します。

3.ニックネームを変換できたら、変換していないポケモンを手持ち1匹目に入れ替えます

4.7個目のどうぐを1個捨ててなかよしバッヂを使用し1~7個目のどうぐを256個に戻します。

5.3~4を手持ちの数だけ繰り返したら空のボックスに切り替えてポケモンを変換後の正しい順番通りに預けます。

6.2~5を27匹分繰り返します。

7.ボックスを変換したニックネームを預けているボックスに切り替えて

なかよしバッヂを発動します。

 

ボックスの先頭からプログラムとして読み込み、無事バイナリエディタが起動します。

起動を確認できたら好きに遊びつくしましょう。

 

ね?簡単でしょ?

 

導入の途中で、どうぐの個数を数え間違えたり手持ちやボックスを入れ替えてなかったりなど起こるとリカバリーが効かないので1匹終わるごとにレポートを書くと確実です。

 

f:id:Alice_Wreath:20210109220823p:plain

 

ありす*が使っているエミュレータは元々メモリが確認できるので、
こんなカンジで本当に変動できているかどうかをリアルタイムで目測しながら遊んだりできます。

実機(GBや3DS等)でプレイしている方は、目測が出来ないのでこの任意コード実行で、バイナリエディタを出せるようにしておくと何かと便利でしょう。

新しいバグの発見にも繋がるかもしれませんよ?

 

今回はここまでになります。

皆様も良きバグポケライフを~。

 

EXIT

 

2021年09月05日 追記

アイス様がバイナリエディタの新しい導入方法を動画化してくださいました!

youtu.be